« 京浜ロックフェスティヴァル2009 | トップページ | 7" Fever »

Black Female Voice !

Donna 久々に棚からVocalものを取り出して聞いた。Jazz Vocalは一時どっぷりとハマった時期があった。最近はコレクトに熱心ではないが、それでも黒人女性シンガーのLPで出物があると手が出てしまう。

ハイタワー好きである。シカゴのブルース・マン、Roy Hytower、サザン・ソウルのWillie Hightower、そしてDonna Hightowerと何れも良いね。Donna嬢は今でも現役で頑張っているジャズ・シンガー。50年代半ばのR&B時代、RPM録音はCD化されている。その後、59年にCapitolからLPを出す頃にはジャズに転向し、パンチの効いたキュートな声でスタンダードをかましている。もう一枚、Capitolでセカンド・アルバム「Gee Baby Ain't I Good To You」もを出しており、どちらも洗練されたビッグ・バンドを背景にクセのあるヴォーカルを披露してくれる。

Lurlean1 28年のミシシッピ、クラークスデイル生まれ。やがてシカゴのクラブで歌い出す。まるでシカゴのブルース・マンを追うようなキャリアのLurlean Hunterも好きなシンガー。強烈なアクはなく洗練された歌いまわしだが、芯の太い声はとても魅力的。この人を知ったのは56年のセカンド・アルバムのVik録音で、何と国内盤LPがきっかけだった。スタンダードの「町の噂」(It's The Talk Of The Town)は元々好きな曲で、このアルバムのバージョンも素晴らしい。

Lurlean2 Vikの後はAtlanticに移り、60年にアルバムを発表。エンジニア、トム・ダウドの手腕が光る、モノラルの温もり、奥行きに酔える。ベイシーの"Blue & Sentimental"、フランキー・レインの"We'll Be Together Again"とか、佳曲が揃う。

たまにはゴージャスなオーケストラと情感に富んだヴォーカルに耳を傾けるのもオツなもんですなー、はい。

|

« 京浜ロックフェスティヴァル2009 | トップページ | 7" Fever »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 京浜ロックフェスティヴァル2009 | トップページ | 7" Fever »