« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »

2009年9月の2件の記事

Came From Muscle Shoals

Donnie_instore 昨日、渋谷タワレコで行われたドニー・フリッツ&デコイズのインストア・ライヴに出かけてきた。腎臓の移植手術を数年前に受けたドニーだが、最新作でも元気な姿を見せていたし、ナマのステージはそれ以上の精気を感じさせてくれた。何よりバックのデコイズが良かったね。スコット・ボイヤー、デイヴィッド・フッドだもんなー。その面構えは南部の何処にでもいそうな白人のオッッサンとした風情だが、楽器を手にして音が出たとたん「職人だ!」と納得させられる懐の広いグルーヴを弾き出す。

デイヴィッドと少し話しをした。昨年Muscle Shoals Sound StudioやFame Studioの見学をしたことなどをボチボチと。

Donnie 演目はAtlanticのLP、B面1曲目に収録されているトニー・ジョー・ホワイトとの共作"Sumpin' Funky Going On"でゴツゴツっと始まり、ラストはダン・ペンと作った"Memphis Women And Chicken"で終わる4曲ほどの短い演奏だったが、入場無料のインストア・ライヴなのだからこれで良しとしなきゃね。

明日が東京、明後日が横浜公演。何とか都合をつけてどちらかに行かなくては・・・・ でかい音でたっぷりと聞かなきゃ後悔しそう。

| | コメント (0)

vote for ?

Louis
大騒ぎの選挙が終わり、日本の政治がチェンジできるのか興味津々というところ。必ず、というわけではないが、国政選挙は投票に出かけるようにしている。もちろん、空虚なキャッチ・コピーなど目もくれずクールに投票しているが、日頃、ニュースを見ていてると「このヤロー!」と叫ぶことが多く期待はしないようにしている。写真のようにルイ・ジョーダンが立候補したら喜んで投票するんだけどね。

民間企業で予算・決算に少しばかり携わったので、税金の使い方のあまりのヒドさに呆然とすることが多かった。役人は金を使えば仕事をしたことになるのだろうね。あれを作った、壊したが商売なんだろうが、役立たずの間抜けな計画ばかりで借金を増やしていったわけだ。民間企業ならとっくに倒産しているな。まあ、無駄を省いて役に立つところへ金を使うと宣言した新政権のお手並み拝見というところ。やっぱり出来ませんでした、となったら暴動もんだぜ。

飲み会で「政党を作って国政にうって出よう!」なんてバカ話をするときがある。ミュージシャンの所得税はゼロ、レコードやCDの消費税はゼロ、なんて音楽関連の優遇策が盛りだくさん。我が家では「レコード平和党」を立ち上げる話も飛び出した。音楽愛好家のみなさん、党員になりませんか? 国会でライヴをやるとか面白いと思うんだけどねー・・・ 

| | コメント (0)

« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »