« 熱帯夜こそ暑苦しい曲を! | トップページ | Blues Records DJ's Night Vol.18 »

PGF @Thumbs Up

Pgf_yokohama続いて27日はPapa Grows Funkを横浜のサムズアップで。Funky Metersの大きくウネるFunkとテイストが違う、小刻みな躍動感に満ちた強力なライヴだった。ニューオーリンズのリズム隊は凄い。もう空いた口が塞がらない状態の日々であった。

お願いしてリハから見た。昨年New Orleansの会場で購入した"I'm Funkier Than You"のロゴが入ったPGFのT-Shirtsを着て観戦。「おー、いいT-Shirts着てるやんけ」とジョンが俺のメタボ体を指差す。同じロゴのステッカーをジョンからもらいました。嬉しい。で、リハの数曲でお腹いっぱいのFunkをもらう。本番は2セット、全部で3時間弱ほどビシバシと演奏しまくってくれた。Live CDの演目がずらり。俺の好きな"I Got The Blues Over You"、"Pass It!"、"Yakiniku"、"Tootie Montana"などなど。Fats Dominoの"Walkin' To New Orleans"では遊びに来ていた石田長生がシット・イン。潤ちゃんがMCで塩次伸二に捧げると話してプレイされたのが"Tramp"。二人でNew Orleansで録音したCDに収録されていたこの曲、バックはパパ・グロの連中が付き合っていたのだった。ヘヴィなFunk Bluesにアレンジしたこの1曲には感動した。そしてMetersの"Funky Miracle"はさすがに観客の人気が高く相当に盛り上がった。

ジェリービーンのドラムス、もう言うことないすね。マーク・ペロのベースは、数日前に見たジョージ・ポーター・ジュニアと異なりチョッパーを随所で入れ、ゴツゴツとしたビートを生む。参りました。とちゅう、俺はよく知りませんがPE'Zという日本のバンドのトランペット、サックスが加わりホーン・アンサンブルを分厚くして数曲演奏。これも場面が変わって楽しく聞けた。リーダーのジョンのハモンド、ヴォーカルも良かったし、サックスのジェイスンが多彩なフレーズでソロを吹きまくる姿も素晴らしかった。ギター、ハモンド、サックスが織り成すリフの重なり、かっこいいね。ベースとドラムスもそのリフに一体となって合わさる、さらにかっこいいね。彼らのステージ写真は轟美津子嬢が奮闘撮影しているので発表が楽しみー! みっちゃん、早く見せて。大阪公演はBuffalo Recordsのダグさんが素晴らしい写真を撮って既にHP上のblogに発表している。いい写真ばかりなのでCheckしてみて。

Funky Meters、Papa Grows Funkの両雄を堪能し、大満足。終わったあとの寂寥感も漂ったりして・・・・

|

« 熱帯夜こそ暑苦しい曲を! | トップページ | Blues Records DJ's Night Vol.18 »

コメント

こんにちは!
昨年、Jon ClearyやNevillesの来日の時に何度か書き込みさせていただきましたが…ふたたびの嬉しい来日ラッシュとあって、また出てきてしまいました(笑)

さすがにフジロックは見送ったのですが、funky METERSとPGF、私も行ってきました。
昨日から軽い燃え尽き症候群(?)です。。


> もう空いた口が塞がらない

本当に、おっしゃる通りで(笑)
私、Thumbs Upではベース&ドラムかぶりつきの位置で観ることができたんですが、たぶん、ず~っと目も口も開きっぱなしの、相当間抜けなことになってたと思います。。
いやー。Jellybean、ナマの勢いはさすがでした。惚れ直しました…。
funky METERSも良かったですね! Artが元気そうで嬉しかったです。Ianくんも素敵でした。次は是非ぜひ、Dumpstaphunkで来日して欲しいです。


来月はNew Birth Brass Bandも来るので、仕事の都合を付けて観に行きたいと思ってます!

投稿: ayako | 2009年7月29日 (水) 13時33分

>ayakoさん
 楽しまれたようですね。呼び屋さん情報で、New OrleansからOrgan Trioを呼ぼうという企画があるようですが、それが実現するよう祈るばかり。難しいかなー?

投稿: booney | 2009年7月30日 (木) 22時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 熱帯夜こそ暑苦しい曲を! | トップページ | Blues Records DJ's Night Vol.18 »