« Blues Is Killing Me | トップページ | The Neville Brothers 来日メンバー »

R.I.P Earl Palmer

Backbeat ニューオーリンズ出身のKing of Back Beat、アール・パーマーが亡くなった。19日(金)にロサンゼルスの自宅で息を引き取ったとのこと。享年84歳。

何年か前にPonderosa Stompに出演したこともあるが、この伝説的なドラマーをナマで見る機会はついに訪れることなく終わった。数年前のDVD、"Make It Funky"で強力にエイト・ビートを弾ませる姿を見られただけでも良かったというべきか。

J&M、Cosimo Studioのハウス・バンドで歴史的なR&B、R&Rのセッションに参加した職人ドラマー。57年にはロサンゼルスに進出し、膨大なレコーディングに名前を連ねており、その内容はここでどうこう言うには余りにも膨大過ぎる。出しゃばらず、引っ込まず、鋭いタイム感でセッションの原動力となった偉大なリズム・メイカー。この男が参加したレコードを集めるというのも粋なコレクターの道かもね。

ご冥福を祈ります。

Dg546 Dg547

|

« Blues Is Killing Me | トップページ | The Neville Brothers 来日メンバー »

コメント

ご無沙汰しております、木下です。

当店のブログでも、アール・パーマー氏の逝去を紹介しました。

「飲み屋でこんなことやってていいのか?」って自分でも呆れてますが(笑)、いろんなドラマーを紹介していきたいと思っておりますので、今後ともご指導の程よろしくお願いいたします!!!

投稿: 木下 | 2008年9月24日 (水) 12時13分

>木下どの

>いろんなドラマーを紹介していきたい

 おー、どんどんやってくれー。楽しみにしてます。ハル・ブレインやれー、パーディもポール・ハンフリーもいけー!音楽に対する旺盛な好奇心に職業の規制はありませんぜ。good

投稿: booney | 2008年9月24日 (水) 15時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Blues Is Killing Me | トップページ | The Neville Brothers 来日メンバー »