« あれやこれや | トップページ | Jon Cleary 来日決定! »

STAX Records

Stax_story ついに出ましたね!97年に刊行された"Soulsville U.S.A. The Story Of STAX Records"(Rob Bowman著)の日本語訳「スタックス・レコード物語」(シンコー・ミュージック)を先週末に購入した。翻訳は"Sweet Soul Music"で素晴らしい仕事をした新井崇嗣氏。まだ1/5ていどしか読めていないが、序盤で出てくるアトランティック・レコードの全米配給への道筋など、業界の思惑話がとにかく面白い。そして才能溢れるメンフィスのローカル・ミュージシャンが成功し、ビジネスの渦に巻き込まれていくさまがスリリング。ちょうど65年頃の話が出てきたところだが、この後はさらに波乱に富んだ物語に突入するはず。いやー、こりゃ凄い本だ。12年の歳月をかけて著者は詳細かつ膨大な関係者のインタビューを行っており、語る人の立場(経営者とミュージシャン、ラジオのDJなど)を公平に見ながら数あるエピソードが立体的に組み立てられる。

Stax_museum 今年のUSツアー、New Orleans、Muscle Shoalesに続き、最後に訪れたのがMemphisだった。初めてMemphisに行った02年はW.C Handy Awardsを見るのが大きな目的だったがSTAX Recordsの跡地も訪ねてみた。当時はミュージアム建設の真っ最中であり、今回ようやくその中に入ることができた。館内は写真撮影禁止なので画像はないが、建物の佇まいはこんな感じ。当時をかなり忠実に再現しているのではないだろうか?

綿花畑の中に建つような、粗末な南部の教会内部を再現した展示、ブルースの歴史を示す展示はソウル・ミュージックの重要なパーツとして順路の始めにドーンと置かれていた。録音機材や使用されていた楽器類も興味深かったが、最も感動したのは再現された広いスタジオ。床は当時と同様に傾斜が付けられていたー!

Four_way ミュージアム見学の後、近くを走るとソウル・フード・レストランを発見。チキンやキャット・フィッシュ、フライド・グリーン・トマトなどを食したがこれが美味!そして冒頭の「スタックス・レコード物語」を読んでいるとロブ・ボウマンが序章でこのレストランに謝辞を述べているではないか。偶然ではあったがこのレストラン、Four Way Grillでの食事も良い思い出となった。

新井君とSTAX DJイベントを計画している。8月30日を予定しているが、レア盤所有のゲストも呼んだりと、まあ正式に決まったらアナウンスしますね。

|

« あれやこれや | トップページ | Jon Cleary 来日決定! »

コメント

僕も早速購入しました!
まだ読み始めてはいませんが写真のページだけでも期待感が増しますね。
そして、STAXイベントいいっすね!
楽しみにしていますよ。

投稿: フタミジュン | 2008年7月10日 (木) 20時52分

>フタミくん
 この本、登場人物が多くて頭がついていけなくなりつつある。新発見が多く、そのたびに音を聞いて確認しようと思うのだがレコードやCD捜しているうちに時間が経ってなかなかページが進まない(汗)。

投稿: booney | 2008年7月12日 (土) 12時26分

只今アマゾンに発注です。
今読んでる吉川英治版「三国志」を中断して取り組む覚悟です^^;
音源はばっちり揃ってるし、聴きながらゆっくりと大切に読んでいけたら・・・ああ、待ち遠しい♪

投稿: レオ | 2008年8月25日 (月) 13時46分

>レオさま
 この本、紹介しておいてまだ読了できてません。字が小さくて膨大な情報量におののく始末。

投稿: booney | 2008年9月 1日 (月) 19時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« あれやこれや | トップページ | Jon Cleary 来日決定! »