« Live Information | トップページ | Bobby Charles »

New Orleans Report vol.3

Iguanas Jazz Fest.初日、4月25日の夜はHouse of Blues Parishで行われたThe Iguanas と Sonny Landrethのライヴを見に行った。オープニング・アクトのIguanas、ヒスパニック系のトランペット、そしてパーカッションが新たに加わっていた。"Oye Isabel"、"Boom Boom Boom"、"Para Donde Vas"などお馴染みの曲を楽しんだが、いまいち元気がない演奏だったな。まあ、新曲と思しきダンサブルな曲もあり、そろそろ新作を期待したいところ。

Sonnyhob_2 メイン・アクトのSonny Landrethは、ベースにDavid Ranson、ドラムスはMichael Burchと気心知れたレコーディング・メンバーで登場。Michael BurchはWayne Toups、Zachary Richardsなどのセッションで知られるタイトなドラマーだ。このライヴはSonnyの側、1mの至近距離でかぶりついて見た。ネックを滑るスライド・バー、サム・ピックと残り全ての指を絡める魔術のようなピッキングには目を見張るばかり。出てくる音もネチっこい、ボトムの据わった轟音で本当に凄かった。間もなく発売される新曲を含むその夜のセット・リストは以下のとおり。

  1. Port Of Calling
  2. South Of I-10
  3. Native Stepson
  4. The Promise Land
  5. Wild In Denver
  6. Hell At Home
  7. The Milky Way Home
  8. Storm Of Worry
  9. Blue Tarp Blues
  10. Uberesso
  11. The U.S.S. Zydecoldsmobile
  12. All About You
  13. Back To Bayou Teche

 アンコール

 14.  Pedal To Metal

  太字は新作「From The Reach」収録曲。

Img_0010 Sonnyのインタビュー仕事(ギター・マガジン6月発売分)があり、CDリリース前だけどジャケをデータでもらっていたので、それを印刷して持参した。この新作ジャケにサインするのは君が最初だね、と言われて大笑いした。使用中のサム・ピックをもらったので一緒に画像に貼ってみた。Sonnyさんが「このピックは日本製。君が持ち帰って再び日本に戻るんだね」と微笑みながら話す。まっすぐで温厚な人柄に魅かれました。いい人だった。この新作は国内盤がバッファロー・レコードから出る!

|

« Live Information | トップページ | Bobby Charles »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Live Information | トップページ | Bobby Charles »