« Walking on a Tightrope | トップページ | Go! West »

映画の話でも

T78846zlt1u 昨年の12月だったか、CATVの映画チャンネルでトミー・リー・ジョーンズの初監督作品なる映画「メルキアデス・エストラーダの3度の埋葬」(2005)が放映されていた。出演者にバリー・ペッパー、ドワイト・ヨーカム(歌手としても大好き)と、俺の好きな俳優が名を連ねており、再放送も含めて何度も見た。Mexicoとの国境沿いにある小さなTexasの街を舞台に、トミー・リー・ジョーンズ扮するカウボーイと不法入国してきたメキシコ人カウボーイの友情、国境警備官のバリー・ペッパー、ドワイト扮する警察署長などが、荒涼とした景色の中でけだるく絡む映画だった。しぶい映画作るね、トミー・リー・ジョーンズは。

国境を越えてMexicoへと旅する途中、殺伐とした山中に一人暮らす盲目の老人と出会う。その老人を演ずるのはリヴォン・ヘルム。これが泣きそうにいい演技してるんだよなー。音楽はもちろんドワイト・ヨーカムの歌も流れるが、フラーコ・ヒメネス、フレディ・フェンダーなどのTex-Mex、ハンク・ウィリアムス・ジュニアなど風景にしっかりとシンクロする音が縫い合わせてある。サントラ盤、さっき注文しちゃった。

今年のアカデミー賞にコーエン兄弟の「ノーカントリー」がノミネートされている。トミー・リー・ジョーンズはこの映画に出演したが、舞台設定をTexasにすれば、と進言したのがトミーだったという。サンド・ベージュな色世界がよほど好きなのだな、と感じさせるエピソードである。

|

« Walking on a Tightrope | トップページ | Go! West »

コメント

実はボクも最近見ました
そのうち自分のブログでも書こうと思ってました
サントラやった人はエンニオ・モリコーネの門下生のようですね・・・師匠っぽいことをやると監督にダメだし出されたそうですが

投稿: トノムラシンジ | 2008年2月24日 (日) 19時35分

>トノムラどの
 サントラ盤、なかなかいいすよ。

投稿: booney | 2008年2月26日 (火) 10時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Walking on a Tightrope | トップページ | Go! West »