« Hello! 2008 | トップページ | Jimmy Hughes part2 »

Jimmy Hughes

Jimmyhughes1更新をすーっかりサボってしまった。さて、 Fame録音が正規にリイシューされるなんて噂があったがその後音沙汰なしですな。キャンディ・ステイトンやウィリー・ハイタワーあたりが数年前に出たけどね。ディストリビュートがVee Jay~Atco~Capitol~UAへと転々としたことが関係あるのかしらね。Fameの箱物とか出たら狂気乱舞するソウル・ファンも多かろうに。Fame録音で特に好きなシンガーはジミー・ヒューズだ。この典型的な不倫ソング「Steal Away」の出来は素晴らしい。イントロの弾力あるリズムに先ずは魅せられてしまう。ハイ・テナーのヒューズはややもすると軽く受けとめられがちだが、そこはゴスペル育ち、サザン・ソウルのグルーヴをしっかりと嗅ぎ取ることが出来る。「俺と一緒に逃げよう、お前の旦那が寝ているうちに」という凄まじい内容を切々とヒューズは歌い、Fameレーベル初のヒットとなった。

この曲は多くのカヴァーを生んだ。俺の知っているだけでもクラレンス・カーター、エタ・ジェイムズ、アン・ピーブルズ、ジョニー・テイラーと不倫ソングの権化(?)といえるシンガーが名を連ねている。ニューオーリンズのウルフマン・ワシントンが16ビート化したバージョンが無茶苦茶にかっこいい。

Jimmyhughes4 このアルバムはそのヒットを含むVee Jay盤で、国内盤のLPを所有しているが、紙ジャケでP-VineがCD化している。次回はAtcoのLPについて話しをしましょうかね。

|

« Hello! 2008 | トップページ | Jimmy Hughes part2 »

コメント

あ〜っ、これはホントに良いアルバムですよねぇ!!

そういえば、ロックウッド師匠がやる「Steal Away」も五臓六腑に染み渡ります (笑)。

投稿: okeh | 2008年1月22日 (火) 22時58分

>okehさん
 どーもです。今年もよろしく。このLPはどちらかというとFame初期の作品群で無論必携盤なのですが、好みとしてはこの後のAtco盤の方がよりヘヴィで高く評価してます。まあ、シングル・オンリーの曲も多く、せっせと集めたいところなんですが....。

投稿: booney | 2008年1月22日 (火) 23時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Hello! 2008 | トップページ | Jimmy Hughes part2 »