« November Live ! | トップページ | New Orleans Music Guide Book 出版記念イベント »

Vintage Soul

Aretha

i-podに入れたアリサの"Today I Sing The Blues"を電車の中で聞いて泣いてしまったことがある。暗闇の中を多摩川の鉄橋を渡るあたりで、思わずホロリ。Blues & Soul Records誌で特集も組まれているアリサの未発表音源集が話題になっている。デモだろうがお蔵入りだろうが何だろうが、内容は素晴らしい。冒頭のデモ3連発で驚いてしまう。バックの演奏はいかにも練習です、と軽く流しているがアリサの歌は強力で、本テイクまで遠い道のりがあったと思われるのだが、全てのテイクに魂を込めていたことが分かる。この不世出のシンガーにああだこうだと言っても、ね、よくぞ歌手になってくれましたと感謝するのみ。フル・バンドを従えたジャズ・テイストの楽曲にも改めて惚れました。

Staxvolt 以前、国内盤でヴィデオも発売されていたので映像じたいは珍しくないのだが、はるか昔は輪郭のボケたブート映像を食い入るように見た経験があったので感慨深いDVD化だ。この輸入ソフトはリージョン・フリーである。このコンサートを実際に見たノルウェイのオスロの若者たちは一生自慢できるだろうね。ブッカー・TとMGズ、マーキーズをバックにアーサー・コンリー、エディ・フロイド、サム・アンド・デイヴ、オーティス・レディングが次々に登場する67年のライヴ。完璧なStax/Volt Revueが展開される。サム・アンド・デイヴの丈の短い上着(襟はコンポラ仕様)、細いスラックスでステップを踏む姿に頬は緩みっぱなし。DVD化に際し、今年収録されたスティーヴ・クロッパー、マーキーズのウェイン・ジャクスンのインタビューがあり、このツアーの裏話が語られる。当然、国内版も出るんでしょうね!?

|

« November Live ! | トップページ | New Orleans Music Guide Book 出版記念イベント »

コメント

このアリサは気になってるんですが、やはり良さそうですねぇ〜!!

一方の DVDなんですが、これって以前 確か『Sweet Soul Music』というタイトルでヴィデオで出てた(私は輸入版で持ってました) 物と大体同じ物なんでしょうか??
確か アーサー・コンレイの曲がメインテーマの様に使われてまして、本編では MC の白人男性が コンレイを肩車する様なシーンがあった様に記憶してるのですが ... 。

もしお分かりになる様でしたらアドバイスお願い致します (汗)。

投稿: okeh | 2007年10月29日 (月) 20時46分

>okehさん
 このDVDには肩車は無かったような。Sweet Soul Musicのヴィデオ、僕も所有してます。確か同時期の英国のLiveだったような記憶が。何れにせよ、確認してみますです。

投稿: booney | 2007年10月30日 (火) 21時59分

『Sweet Soul Music』はもう売ってしまったんですが、あれはイギリス・ライブだったんですね。
となると、この DVDは別の映像という事になりそうですね。

>何れにせよ、確認してみますです。

あっ、なんだか申し訳ありません (滝汗)。
面倒臭かったらスルーして下さって一向に構いませんです (笑)。
ありがとうございます!!

投稿: okeh | 2007年10月31日 (水) 01時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« November Live ! | トップページ | New Orleans Music Guide Book 出版記念イベント »