« DJ Kings ロックの日 | トップページ | Fillmore West »

Jelly Roll Bakers

Flyer1 昔出会った一人の男のことをHavana Moonのblogで思い出した。もちろん、その男の形見分けで頂いたWilson PicketのAtlantic盤を眺めたり、その男から「これいーよ、今度バンドでやろう!」と薦められたレコードのことが脳裏をよぎるたびに思い出す。

80年だったか、現ブラック・ミュージック・レビュー誌、当時はザ・ブルース誌の投稿欄に、ブルース・バンドのヴFlyer2ォーカル募集の記事があり、それに応募して初めて彼に出会った。Jelly Roll Bakersは既にLive活動を何年もやってきたようで、バンドはまとまっていて、そこに加入した俺はすぐに馴染んだ。その男はドラマーであり、4ビートの軽快なことといったら、もう素晴らしいスウィング感だった。ただし、Havanaのblogにあるとおり、エイト・ビートは気持ち悪かった。Howard TateのAtlantic盤を入手したようで、"She's a burgler"やろうよ、かっちょいいぜ、と練習を始めたのだが、原曲のバーナード・パーディのようなボトムの効いたビートとは比べ物にならないホンワカ・ビートだった。しかし本人は、「分かっちゃいるのよ、努力する」と真剣に8や16ビートに取り組んだ。

 あちこちでLiveFlyer3を精力的にやった。渋谷のLive-Inn、次郎吉、マンダラなどなど、途中ギタ ーやピアノが代わったり、ホーン・セクションを入れたりといろいろあったが、俺は87年頃までJelly Roll Bakersに加入していた。脱けてからは暫く音信が途絶えていたが、その頃にHavanaの木下君とその男は知り合ったことになるのだな。その男、三宅さんの訃報が届いたのは90年に関西に転勤して間もない頃。昔のバンド仲間からの電話は「三宅さんが亡くなった、駅で突然倒れそのまま亡くなってしまった」と告げた。慌てて喪服を持って新幹線に飛び乗ったこと、列車の窓から見える夜の風景を見ながら泣いたことを思い出す。人に言えぬ悩みを相談したっけかなー。

当時のフライヤーは全て彼の手作り。記録好きな俺は全部ではないが何枚かを今でも持っている。Liveの音源はほぼ全て残っていて、CD化にも取り組んでいるのだが遅々として進まない。ヴィデオもharuさんにいっぱい撮ってもらい、DVD化に手をつけたがこれもなかなか進まない。しっかり整理できたらJelly Roll歴代のメンバーを集めて、爆笑上映会をやりたいね。大笑いするのが三宅氏への供養になるはず、ああ、想像しただけで楽しい。

|

« DJ Kings ロックの日 | トップページ | Fillmore West »

コメント

その方のことは存じ上げませんが、素晴らしいフライヤーですね!
ついさっき、HAVANAのマスターのブログを読んだとこでした。

投稿: jive42 | 2007年5月23日 (水) 15時14分

>jive42 aka t-42さん
 ありがとうございます。Jelly Roll BakersはB級で終わってしまいました。もっと頑張ってA級バンドに名を連ねていたら、三宅氏のことをもっとみんなに知ってもらえたと思います。今から25年前、パソコンの無い時代にデザインされたフライヤーの数々。バンドに最も情熱をかけていた頃の思い出です。

ところで、フライヤーの対バンに名を連ねるYo-Yo....は、Y岡氏(デザイナー)、F原氏(イラストレーター)が在籍していたバンドなのであります。へー、でしょ?

投稿: booney | 2007年5月23日 (水) 18時16分

> Yo-Yo....は、Y岡氏(デザイナー)、F原氏(イラストレーター)が在籍していたバンドなのであります。へー、でしょ?

知ってますよ!(笑)
お二人ともお元気ですよ。

投稿: jive42 | 2007年5月23日 (水) 18時55分

こんばんは。はじめまして(?)
Ruddy's Cafeさんの書き込みを見ておじゃましました。
「インサイダー」なんて日経チックなコメントをされていたので、「もしや」と思っていたらやっぱり「B・・・・」さんだったんですね。
トップページの写真?を見て、「あ、やっぱり」って思いました。
またちょこちょこおじゃまさせていただきます。
よろしくどうぞ。

投稿: ikuyubon | 2007年5月23日 (水) 23時47分

>ikuyubonさん
 おお、覗いてくれてサンキュ!です。元気でやってることはJ野から聞いてました。早く仕事の方が落ち着くといいね。えっ?俺? いやーもう、ダラダラ教の教祖さまになりそうですわ、楽しくて! また書き込みしてね。

投稿: booney | 2007年5月24日 (木) 00時30分

booneyさん、つっち〜さんからのメールでここを知りました。F原です。ごぶさたしてます。
いや〜なつかしいチラシですね!こうやってネットで見るとうれしいです。そうそう三宅さんの4ビート気持ちよかったですよね。またちょくちょくのぞきにきます。

投稿: bongo man | 2007年5月24日 (木) 21時08分

>bongomanさま
 どーも、ごぶさたしてます。俺は昨年からまた懲りずにバンドやりだしました。Havana Moon来月中には再開するようですね、また音楽談義しながら飲みましょう!

投稿: booney | 2007年5月25日 (金) 01時12分

わたすもt-42さんから教えてもらいました。ご無沙汰してます。いや〜懐かしいチラシですねこれ。まだもってるとは、物持ちがいいですね。日本でJiveはうちらが最初でしょう(笑)また遊びに来ます。

投稿: osamu | 2007年5月26日 (土) 01時18分

>osamuさま
 これはこれは、御大もご登場ですね。それでね。昨日、納戸のヴィデオを整理していたら何とLive-Innの映像が発掘されたのですよ。Jive Jumpersの勇姿を拝んでしまいました。osamuさん、bongomanさん、某ライター/翻訳家も映ってるねー。来週、bassのO竹のとこ行ってT-Shirtsの相談するんだけど、DVD化して持っていこうかな、と。おーそうだ、you-tubeもいいかね。22年前の映像ですぜ、bogalusaにも見せてあげたいす。

投稿: booney | 2007年5月26日 (土) 09時41分

昨日はお疲れ様でした。すばらしいライブでした。
またまたお会い出来る日を楽しみにしています。
幹事のSさん、ありがとうございました。

投稿: taro.omiya | 2007年5月29日 (火) 12時26分

>taroさま
 しっかりとバッキングを務めていただいたゴンさん、原とも也さんのおかげです。Jazzのプロと歌えるのは幹事のSさんの人徳ですね。ありがとうございました。次回の機会があれば、今度はスタンダードをさらっと歌ってみたいです。シナトラ好きなんすよ。

投稿: booney | 2007年5月29日 (火) 13時28分

いやぁ、恐ろしいですね。当時の映像があるとは。
実はあたしはあの頃ずっと悩んでいたんです、こんなんでよいのだろうかと。
そりゃぁ、身内の宴席の余興ならいいですよ。でもあたしらは人様にお見せするようなものではなかったんです。
jerry rollの添え物色物でそちらこちらに出ましが、知らない人がいるとチョービビりましたよ。jerry rollやYO YO目当てとはいえ、カネ払ってんですから、その皆様方は。当時の皆様ほんとにすいませんでした。

you tubeはいけません。全世界で見てますから。
you tube見てnonesuchあたりからデビューしませんかなんていう話でも来たらどうするんですか、職替えしなきゃなんなくなるし、挙げ句の果てにワールドツアーなんてなったら家庭が崩壊します。どうかご勘弁を。

「お気に入り」に登録しましたよ。
ではまた。

投稿: asano | 2007年6月 3日 (日) 11時41分

いゃー懐かしいですね。三宅さんとの出会いは、音楽好き、でもまるでテクのない僕とasanoがBOONEYさんのバンドにトラで出演させて貰った対バンがJellyRollでした。オッサンのくせに生きのいい4ビートを奏でていたのに驚きました。強いて言えばボーカルがね?と思いつつ、それから2年後OSAMUさん、BONGOMAN F原さん、asano,とJiveJumpers,を始めるのですが、JellyRollの前座という形でアマチァ界の色物という形で出させてもらいました。そこで見たのがBOONEYさんをボーカルに迎えた三宅さんでした。もうブットンダことは間違い有りませんでした。いま三宅さんを偲んで22年前の映像を見ながらお酒を飲んでいます。貴重な映像、有り難うございます。またお邪魔します。

投稿: Slam.S.O竹 | 2007年6月 4日 (月) 14時02分

>asanoさん、Slam S.O竹さん
 まいど! 何か同窓会のようになりましたなー。昔は良かった話になりがちな世代となりましたが、まだまだ若い、イマを楽しみましょう(仕事も遊びもね)。バンドやれよー!

投稿: booney | 2007年6月 4日 (月) 21時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« DJ Kings ロックの日 | トップページ | Fillmore West »