« Swamp三昧 | トップページ | 1960 »

JB Tribute

Jb_tribute  20日(金)は、友人のお誘いで丸の内のコットンクラブに出かけた。出演者は60年代中後期のJames Brownを支えた二人の名ドラマー、Jab'o StarksとClyde Stubblefield、そしてトロンボーンのFred Wesleyを中心としたFunk Mastersなるバンドだ。当然、JBナンバーのオン・パレード。もうお爺ちゃんの世代に入ろうかという彼らのファンク・ビートには往年の凶暴な鋭さはないが、齢を重ねて趣を変えた、まったり、ゆったりと揺れるグルーヴ感を楽しむことができた。ClydeもFredも歌がうまい。そしてJab'oが思い出(Bobby Blue Blandとのレコーディング話)を語ったあとに歌ったStormy Monday Bluesにもじーんときました。ギターもちゃんとWayne Bennett風に弾いてくれたりして。

 久々に有楽町界隈を歩いたが、その感想は「おっされー」の一言。日頃渋谷ばかりを目にしていたので、街歩く人やレストランなどなど超アダルトな雰囲気にとにかく驚いた。金曜夜ということもあり、国際フォーラムあたりにはテラスで軽く一杯やるお洒落な若者で賑わっていて、何か外国ヘ来たような気分。しかし、俺と友人の中年コンビはLiveの後は、いか納豆をアテにガード下で飲んだけどね。

|

« Swamp三昧 | トップページ | 1960 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Swamp三昧 | トップページ | 1960 »